ホーム
えがお福島より
えがおの足あと
お支払方法について
配送方法・送料について
お問い合わせ
やますけ農園の「娘のためのたまご」平飼い 有精卵
なぜやますけ農園のたまごなのか?
当社がおすすめする理由。

^Δ砲△佞譴詬楫棆箸任△襪海
国産地鶏とエサへのこだわり
やっぱり味!美味しくなければ続かない

企業戦士から家族と一緒にいる人生を選んだ山口さん。慣れない海外生活により辛そうだった家族を見ていて、一度きりの人生、ずっと家族の笑顔をみていたいと脱サラして選んだ養鶏の仕事。鶏たちに対しても、ストレスなく健康にのびのびと過ごしてほしいと基本にあるのは海外で知ったアニマルウェルフェア(動物福祉・動物愛護)の考え方。「人間のために命を捧げてくれるお肉や卵、牛乳のために飼育されている生き物たちだからこそ、しあわせに生きる権利があるのでは」と山口さんは言います。

日本で販売されている約96%の卵は繁殖のため海外から輸入された親鶏から産まれた卵だという事をご存知ですか?そして今後、諸事情により輸入が出来なくなってしまったら、今のようにスーパーでの安売りや当たり前のように安定的に購入することはできなくなるでしょう。

やますけ農園で飼育しているのは、唯一の国産種「ゴトウもみじ」です。
岐阜で生まれてすぐに農園にやってきたぴよ達は、会津の大自然の中で砂浴びをし、虫を追いかけ、大地の草や土をついばんで季節を楽しみます。そして会津産のお米、大豆、そば等(すべて国産の自家配合)を食べて健やかに育ちます。

「本当は“たまごかけごはん“が好きだけど、生卵は臭いが気になって食べれない」という声をよく聞きます。たまごの味を決めるのは飼育環境(鶏舎の状況)とエサ(鶏が口にする全てのもの)と言われています。それらを正常に保つこと、鶏たちがストレスなく幸せに過ごすことができれば、臭みがなくおいしい卵を産んでくれるのです。

卵には鶏の抱えるストレスやエサとして食べたものが直接入り込みます。

最近は黄身の色が赤やオレンジのものが主流ですが、鶏が食べたものが黄身の色になるので、実はエサに青いものを混ぜれば青い黄身の卵ができるそうです。
 
家族の健康を考えた、家族のためのたまご

「娘のためのたまご」
日本の養鶏の主流であるケージに閉じ込めて鶏を飼う環境は、ストレスで弱った鶏の体に薬剤を、エサには添加物を与えて産ませた卵は娘に食べさせたい卵ではなかった。娘が健やかに育つ、本来の完全栄養食といわれる卵を食べさせたいとの思いでつくったのが「娘のためのたまご」。

生産者の想いを伝えたい、消費者でもある私たちだから
あなたの健康を願って、この卵をおすすめします。





(1)娘のためのたまご(4個入)400円
 ※現在、取扱いなし

(2) 娘のためのたまご(10個入)1,000円
  10個入りパック(商品名入り巻紙付き)が1パック入っています。

(3)【20個入】娘のためのたまご 2,000円
  10個入りパック(商品名入り巻紙付き)が2パック入っています。

(4)【30個入】娘のためのたまご 3,000円
  10個入りパック(商品名入り巻紙付き)が3パック入っています。

※生産者より直送いたしますので、他の商品と同梱はできません。



定価 400円(税込432円)
販売価格

400円(税込432円)

種類





おすすめ。
産直!旬の野菜セット おまかせ野菜 

3,000円(税込3,240円)

国産!無選別 冷凍ブルーベリー1kg・2kg

2,500円(税込2,700円)

美容と健康に元気UPドリンク「冷やしあま酒」350ml×8本入

2,200円(税込2,376円)


期間限定!飽きのこない甘味・とろりとした食感「会津みしらず御山柿」 ご予約受付中!※11/20〜出荷

3,500円(税込3,780円)

神山味噌醤油醸造店の無添加・田舎味噌400g・900g

400円(税込432円)

国産丸大豆100%使用の本格派醤油「本醸造 吉之助」

1,200円(税込1,296円)


100%桃しぼりジュース 「のむもも」

3,350円(税込3,618円)

農家のお米をお福分け「五百川」、「コシヒカリ」、「ミルキークイーン」

960円(税込1,037円)

やますけ農園の「娘のためのたまご」平飼い 有精卵

400円(税込432円)